FC2ブログ

足に愛をこめて・・・

千葉県市川市で靴屋をやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴のへり方

「歩き方が悪いから、靴のかかとの外側がへっちゃうのよね・・・」
こうおっしゃる方、とても多いです。

SANY0599.jpg

外側がへる = 歩き方が悪い、足が悪い、靴が悪い・・・  
と、皆さん 思っていらっしゃいませんか?
違いますよー!!!
正しい歩行をし、正しい靴を履いても、靴の外側はへります。
歩行角は13度と言われていて、多少外側がへるのは 正常です。
(写真の靴で言うと、ちょうど斜めの底材の部分です)
ただし、極端に外側がへっていたり、内側がへっていたり、
左右のへり方が違っていたり・・・などは、あまり良いへり方とはいえません。

靴底のへりやすさについては、
まずは、底材。
柔らかく軽い靴などは、特にへりやすいです。
逆に、へりにくい素材のものは重かったりします。
底材にも短所・長所があり、なにを重要視するかではないでしょうか?

次に、歩き方。
足をひきずるように歩いている方は、摩擦でへりかたが早いです。
酔っ払って一駅歩いちゃったという男性の靴底は1日ですごくへってました^^;
足にフィットしないデザインのもの(ミュールのようなつっかけタイプ)や
サイズが合っていないものも、へり方は早いです。

もちろん、足に合っている靴は、へり方や へり具合がちがいます♪
ただ、どんなに足に合ってる靴でも、歩けばへるんです。
へったら直す。
楽しく歩いて・・・たくさん歩いて・・・そして、へったら直す。
それがなにより大切なことだと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dearfoot.blog94.fc2.com/tb.php/81-4db3defc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。